【世界でも大人気!】和食の魅力を徹底解析

和食は健康と美味しさがキレイに両立している唯一無二の料理!

【世界でも大人気!】和食の魅力を徹底解析

和食

和食の魅力とは?

今や世界で知らない方がいない位有名になった和食。日本の古来から受け継がれている料理です。和食の魅力はなんといっても「伝統を五感で味わえる」ことです。料理を鼻や口を使って、和食の味や香りを楽しみ、その料理の色使いや器の模様や質感などを目や手で感じ、和室の畳や食材が煮込む音を耳で聴くことそれが和食の魅力なのです。そんな魅力ある和食は川越で楽しむことができます。

和食の基本の「一汁三菜」って?

和食には「一汁三菜」という言葉があります。これは和食の基本と言われています。気になる一汁三菜ですが、ご飯と汁物、それと漬物に3つのオカズが付くことを言います。3つのオカズというのは基本は「なます」「焼物」「煮物」になります。そもそも一汁三菜というのは、おもてなし料理の一つと言われています。今や庶民の食事としても一般的になった料理の形です。ちなみに食事バランスが摂りやすく、カロリー控えめなのでダイエットや食事が偏っている人は一汁三菜を意識して献立を立ててください。

気になる料亭と割烹の違い

和食と言えば「料亭」「割烹」というイメージをする方も多くいます。でも、割烹と料亭の違いを説明できる人は少ないです。むしろ現代はその意味すら曖昧とされています。実際には違いがあるのでその説明をしましょう。まずは料亭です。料亭は「食事を楽しむ場所」がメインです。そのため、落ち着いて個室や日本情緒あふれる庭を目で楽しみながら食事も楽しむというのが料亭です。一方の割烹については、カウンター席に座って、板前の料理の様子を見ることができるため、和を楽しむなら料亭、料理を見て楽しみたいなら割烹と分けるといいでしょう。また料亭や割烹でも女子会プランがある所も増えてきています。敷居が高いと言われていた料亭や割烹に気軽に入れる様に、今の時代はなっています。

和食が今、注目されている!

今や世界で刺し身や天ぷらを食べている海外の方が増えたり、海外にしかない和食店なども展開されるようになったりしています。それくらい世界でも人気の和食ですが、人気の理由は見ても美味しい、食べたらヘルシーだからです。目で見ても美味しさが伝わる盛り付けや色彩、それを食べると薄味もあれば、味がしっかりしているのもありますがどれもヘルシーなのです。それは海外の食文化にはない料理なので、美味しくてヘルシーな料理として今も選ばれ続けています。また、日本食が世界的にも文化遺産として登録されたため更なる注目になったのです。

和食のことを知らない日本人が増えた!

和食を食べている方は多いですが、現代の7割が和食好きと言っている中、好きと答えた方の多くがシニア世代と言われています。そんな日本の魅力の一つ「和食」のことをもっと知ってもらうためにも下記のQ&Aを見てみましょう。

【今さら人に聞けない!】和食のQ&A

米を洗剤で洗った方が良い?

結論から言うと当たり前ですが、駄目です。しかし、当たり前だと思っていても実際にやってしまった方はいます。間違ってしまうことは人間誰しもあります。汚れが気になる方がいるかもしれませんが、米は精米のときに汚れを取り除いているので、水のみで研いで大丈夫です。逆に洗剤を使ってしまうと、食べられなくなってしまうので気をつけてください。

料亭に行くには予約が必要なの?

全てではありませんが、事前に予約が必要な料亭もあります。しかし料亭で多いとされる「一見さんお断り」です。初めての方で飛び込みで来られても入店できないという意味です。その場合は、その料亭の常連の方の紹介などであれば入店することも可能な場合があります。事前にチェックしておきましょう。

料亭に行くにはどのくらいの予算が必要?

正直どのくらいの金額が必要なのかわかりません。時価や各店の料金形態が異なるからです。なので、もし予約で入店できる料亭なら事前に予算を聞いて見るのも良いですよ。

芸妓さんが来た時はどうしたら良い?

お座つきという余興で芸妓さんが来られることがあります。その際は踊りや芸で楽しませてくれるため、食事や会話を止めて、一時休止がてら鑑賞することがマナーとなっています。

服装について知りたい

あまりにもラフな格好では料亭に不釣合いなのでヤメておきましょう。基本は外着なら大丈夫です。一番良いのはスーツなどを着用しておけば問題ないでしょう。